フジイ法律事務所 | 奈良県天理市の法律事務所

ご面談予約は、お気軽にお電話ください 0743-62-7787

弁護士のご紹介弁護士のご紹介

 

責めるだけではないわかり合い納得の解決を 藤井 茂久

駆け出しのころ、ある一軒家にお住まいの方が、隣に大きなビルが建つということで、日照権を争いたいとご相談にこられたことがありました。私はその事件を受けて、一審はとても順調に勝つことができ、その裁判によってビルの工事はストップしました。ところが、二審で逆転敗訴となり、そのビルの施工主に逆に訴えられて、多額の賠償金を払わされるという返り討ちにあったのです。
これは痛恨の極みでした。自分の見通しの甘さを痛感しました。そのときに思ったんです。裁判は攻撃的に相手を責めるだけではいけない。ちゃんと落とし所を見据えて、進めなきゃいけないんだと。とはいえ、逆にもっと強く責めるべきだったか後悔することもあります。
私は、天理教の“ようぼく”(信者)です。天理教の教えの基本は、体を神様からお借りして生かされていることに対する「感謝の気持ち」です。人間同士がお互いに感謝し合って、助けあう世界(ひのきしんが徹底された社会)を理想としています。弁護士という仕事を通して、そのような世の中をつくる一助になりたい。それが私の願いです。だからこそ、攻撃的に闘うだけでなく、分かり合える道を探したいと考えています。
お一人で悩んで、どうしようもなくなったら、いつでも誰でもお気軽にご相談にきてください。一緒に、最善の解決策を考えていきましょう。

弁護士
藤井 茂久Shigehisa Fujii

藤井茂久弁護士

経歴

  • 1958年天理市生まれ
  • 1971年3月天理市立丹波市小学校卒業
  • 1974年3月天理市立北中学校卒業
  • 1977年3月奈良県立奈良高等卒業
  • 1983年3月静岡大学人文学部法学科卒業
  • 1989年4月弁護士登録、奈良弁護士会に入会

奈良弁護士会での役職歴

  • 会長(平成21年度)
  • 副会長(平成13、18、19年度)
  • 常議員(平成14、20、22、23年度)
  • 交通事故委員会委員長(平成7~12年度)
  • 民事介入暴力及び非弁護士活動取締委員会委員長(平成14、16年度)
  • 司法修習委員会委員長(平成27年度〜現在)

日本弁護士連合会での役職歴

  • 代議員(平成13、18、19年度)

近畿弁護士連合会での役職歴

  • 理事(平成13、18、19、21、22年度)

その他での役職歴

  • 京都簡易裁判所民事調停官(平成16年10月~平成20年9月)
  • 奈良地方裁判所葛城支部・葛城簡易裁判所民事調停委員(平成12年4月~)
  • 奈良家庭裁判所葛城支部家事調停委員(平成12年4月~)
  • 天理市選挙管理委員(平成3年5月~平成19年5月)

趣味

  • 雅楽の篳篥や篠笛/テニス/卓球/スキー/ボーリング

依頼者の気持ちが力になるともに取り組むパートナーとして 高谷 政史

依頼者やご家族、支援者など周囲の方々が一生懸命取り組まれている姿を見ると、こっちも負けてられないというか、とても大きな力をもらえるんです。その気持ちが相手方を含めた関係者全員に伝わって、そこで連帯感が生まれたときが、一番やりがいがあります。みんなが同じ方向を向いて、事件の解決を願っているという状況ですよね。そうやって解決を迎えることができれば、依頼者の方もきっと気持ちに区切りをつけて、笑顔を取り戻せるようになると思うんです。
今は弁護士会の会務として法教育委員会に所属していて、小中学校で授業をしたりしています。こうして子供のころから弁護士のことを知ってもらえるのは、とてもいいことだと思います。弁護士のことを知らずに一人で悩んで、追い詰められている方はまだまだたくさんいらっしゃいます。どうか、一人で悩まないでください。どんなにささいなことでも、「相談」というより「お話」をしにきてください。どうしたらいいのか、そこから一緒に考えていきましょう。

弁護士
高谷 政史Masashi Takaya

高谷政史弁護士

経歴

  • 1981年奈良市生まれ
  • 2008年弁護士登録、フジイ法律事務所入所
「人をたすけてわが身たすかる」目の前の人がたすかるお手伝いを 加見 旬嗣

私の家は、先祖代々天理教を信仰しております。私自身、信仰が面倒だと思ったこともありましたが、社会に出て、困難に直面した際に信仰が私を助けてくれました。天理教には、「人をたすけてわが身たすかる」という教えがあります。人をたすけることで自分自身が助かるというのです。私は、弁護士として、この教え通りに人をたすけたいと考えています。
では、弁護士の人助けとは何か。それは、当然、法的問題を解決することです。しかし、心の問題、人間関係の問題など、法的な問題だけでは解決できないこともあります。法律が存在することを前提として、どのようにしたらこの目の前の人を真にたすけることができるのか、その人がたすかるお手伝いができるのか、真剣に考えることも弁護士の役割であると思います。これは、脱法を促すことではありません。もちろん、天理教の信仰を勧めることもありません。信仰は人から強制されるものではなく、自分から欲するものだからです。
相談に来られる方々は、さまざまな困難を抱えていらっしゃいます。その方々の気持ちを少しでも軽くしてあげたい、その方々にとって最善の解決方法は何なのか真剣に考えてあげたい。現在、弁護士をさせていただいているうえで、日々私が思っていることです。

弁護士
加見 旬嗣Junji Kami

加見旬嗣弁護士

経歴

  • 1985年三重県多気郡生まれ
  • 2010年早稲田大学法学部卒業
  • 2012年早稲田大学大学院法務研究科修了
  • 2014年弁護士登録
  • 2015年フジイ法律事務所入所